自己紹介その60です。

僕の名前を覚えてくれたでしょうか。
杉原(朴)昌一です。
ブログもやっている僕はこんな事も書いています。
神奈川犯罪日記というブログです。

本日は平塚市で東京都で性産業のフランチャイズを過去に平塚市で営業を行っていた関係者から「平塚市の障害者女性」に性産業を平塚市 障害者福祉事業所が斡旋して平塚市の暴力団と「障害者福祉事業所と暴力団」が利益供与している事実を取材しました。
image団体K=Y氏と複数の平塚市民はこの性産業収益を暴力団と共益していました。恐ろしい平塚市の性産業事実です❗












現在の日本での防犯武器については各都道府県の公安に届け出が必要です。
今回、筆者は防犯という範囲内で所持を許可されています。全ては軍事製品の為にご紹介出来ませんが一部を公開致します。
image
市販防犯スタンガンですが「在韓米軍」仕様となります。
電気回路を再設計しています。人体に高圧電流にて神経伝達網を遮断することで相手は数分間制圧されます。この他に「ボディア-マ・防弾・刃ベスト・OTNガス」ブローバック銃=公安に軍事事業所開設後許可。
ブローバック銃は日本の警察が使用している「ナンブ式 銃」と同じ威力がありますが
所持には公安の厳しい審査が必要です。

日本は自衛隊への依存が高く、防衛サ-ビスを民間提供で受ける考え方がありません。
警察行政はあくまで「逮捕権権限」であり刑法です。民間は民法によりサ-ビスを行います。
民間軍事事業所は公共・個人の双方のサ-ビス提供が可能です。
例えば今回の平塚市のような事案の場合には暴力団組織が平塚市に於いて危険な組織犯罪者集団である為に平塚市民若しくは神奈川県庁より
調査依頼を受けて「制圧行為」が必要と判断された場合には「軍事訓練」を受けた担当者が制圧行為計画を実施を行います。
PCを押収して公益性を損なう事案計画の調査報告・通信記録の回収。
制圧行為はこの調査を妨害行為を行おうとした場合に軍隊から提供された公認武器を使用します。在韓米軍から提供される武器は制圧効果大です。
image現在、この民間軍事事業所について神奈川県性被害センタ-から可能なら平塚市の性犯罪者集団(國心塊・暴力団組織)平塚市の性犯罪者集団は団体K=Y氏のように暴力団構成員関係者等から被害者が二次被害を受けない為に刑事告訴までそれらに制圧行為を加えて抑制してほしいとの相談でした。費用は神奈川県が発注者。
行政側がこの民間軍事事業所を必要とする場合に於いて法人形態の協議段階的に筆者は8月迄に神奈川県に回答する予定として民間インタ-ネット通信技術者・韓国警察・軍事警察・韓国領事館・防衛庁・神奈川県警と今後は協議をしていきます。








神奈川県内外のインタ-ネット通信技術者達と
IT弁護士と「団体K=M氏とY氏」含む左翼セクト=障害者福祉事業所と暴力団組織に
警察行政と共に宣戦布告をします。
image

また韓国軍特殊部隊を馬鹿にした平塚市民と暴力団に対しても制圧行為にて障害者の女性を強姦した件については「在外国民」の男性との関係次第に於いて「日韓犯罪者地位協定」に基づき韓国警察へ連行を韓国領事館に要請致します。

筆者のFace Bookのお友達に「W氏」という経済評論家の方がいます。
image

W氏はパナマ文書=オフシェア企業の財務管理を行う企業のペーパーカンパニーを調査を行う法律事務所。
最近パナマ文書が話題になっている原因の一つに暴力団の資金洗浄=マネ-ロンダリングを利用した「フロント企業・団体」が日本で増えてきている点を指摘してきています。
今回は神奈川県平塚市の「団体K=M氏とY氏」が容疑を持たれています。
こう言った背景から団体K=Y氏は暴力団の名前を利用して平塚市で強姦三昧の日々を送っています。















こんな風にブログには好き勝手なことを書けるんです。
でも3級精神障害者で生活保護者ですから。
責任なんて持てません。

[PR]
by koreanarmy | 2016-06-12 16:57 | 自己紹介 | Comments(0)