自己紹介その55です。

僕の名前を覚えてくれたでしょうか。
杉原(朴)昌一です。
ブログもやっている僕はこんな事も書いています。
神奈川犯罪日記というブログです。

日本列島は戦後「Far East」=極東に位置する
島国です。明治時代~第一次大戦まで地政学的に「戦闘機」による空中戦が行われるまで海洋戦術に於いて世界の海を制した英国を凌ぎ、
ロシアのバルチック艦隊を撃退する世界的な国家でした。しかし、昭和に入り「大政翼賛会」という共産党を中心とする左翼セクトは日本人を徐久に腐敗させていきました。
戦後、共産党は若者に3S作戦を展開しました。
3S「Sex・Sports・Screen」アメリカが資本主義で努力して働いた人間の楽しみを娯楽で人生の喜びから、明日へ生きる活力源を見出だす地域政策を悪用して堕落に導く方向付けを行いました。戦後、日本は不戦を誓いました。しかし、先の大戦で日本の為に命を掛け愛する人と国民を守る英霊への思いを私達は忘れかけてないでしょうか?甘えるばかりが自由と平和でしょうか?団体K=Y氏・M氏・K氏は犯罪を起こして、あまつさえ「暴力団」を利用して罪もないH市の障害者の女性を脅かしたり強姦を企ています。こんな犯罪行為を許す現代社会を誰が許すシステムを作ったのでしょうか?
今、私達は「暴力で解決」でなく「平和を祈り」徹夜で捜査するH警察署の捜査員の血の滲む努力を祈り「熊本県民の被災者」に一人でも多くの尊い命が救われる事を国家の為に国民の生命と財産を守る為に命を掛けて救助活動する全ての「官士」に祈りを捧げましょう。
皆さんどうかご無事で❗
image


この度は、熊本地震で被災された熊本県民の皆様に慎んでお見舞い申し上げます。


本日の記事投稿予定:午後10:00を予定しております。投稿タイトル「Living on Praer」~祈りを捧げて~

川崎市に辿り着いたのは平塚市を出て1ヶ月が経過してからだった。
9月にC県警察 K警察署 暴対課のA刑事から今回の事件に纏わる説明は「驚愕のH市の実態」であった。それより驚きが隠せなかったのは「何故!C県側が今回の事件情報」を迅速に情報を得ていたのか⁉
実に千葉県は現在の「M知事」に就任してから「情報処理システム」補佐官という名称の制度を策定したのである。改めて「C県警察」のWebサイトを御覧頂きたい❗
世界最先端のサイバ-ポリスシステムが設置されています。既に「団体K=M氏&Y氏」の犯行は把握されていたのです❗
そんなこんな訳で神奈川県川崎市に高速バスで戻り、東京都 大田区で仕事をしながら生活保護受給者施設に潜入するのに身分的に生活保護受給者になる手続きをして施設に入る準備をネットカフェで入所日まで施設管理しているNPOの職員の指示に従って1週間経過してNPOの職員に同行して施設の部屋に案内され部屋に入ると・・・何か雰囲気がつい先程迄誰かが生活していた感覚が感じるのです。案内してきたIという職員は筆者に「先週迄、女性利用者」が住んでましたが「福島県に除染作業員」として
就労したと説明してきました。確かにこのNPOは自立支援型の施設であるが行政の許可も必要だし当該地域~他の地域移動には行政に届け出が必要だ。それと気になったのは床のフロ-リングに落ちている「大量の女性と思われる長い髪の毛と血液らしい流動痕跡」
筆者は案内を終えて事務所に戻る職員の後ろ姿を見つめながら、人気のまだ残る部屋で不気味な嫌な予感を感じていた。後にこの嫌な予感が全て現実になるとは思いもよらなかった。
To be continue・・・
image

神奈川犯罪日記の読者の皆様は日常生活で生活経費の中で何に重点的に生活しているでしょうか?
筆者の商売道具は通信器機です。特にスマホ&タブレットは手放せません。しかし、これだけでは人間「衣・食・住」は必要です。筆者はこの取材と調査で色んな地域に出かけます。
昨年は「千葉県・神奈川県・東京都・埼玉県」と目まぐるしく移動しました。移動手段は主に公共機関の交通手段を利用します。筆者は普段は、経費節約でタバコを拾って喫煙したり公園の飲み水をペットボトルに入れて節約したりしています。そんな忍貧生活をしてこれから投稿する記事の危険な行為までして何の得があるのか?確かにこんな利益にも成らない事は社会で生産性のある利益活動をしているビジネスマンにしてみれば馬鹿らしいはずです。筆者は意外かも知れませんが昔は大手企業でコンピュータのSEを仕事にしていました。ITバブルの頃は年収=600万という時期もありました。しかし、ある企業=富士○という企業でIT企業の現実を知り人生観が劇的変化しました。筆者が出向先の企業は生命保険会社のネットワーク保守とバッチプログラム管理業務でした。所属はエレメント部署で日本全国の生命保険会社のサーバーをシステム管理室で全国100台のシステム管理です。専門的ですがWindows OSのRAID構成~通信記録・バッチ処理・・・何でもやりました。
システム管理室では様々なLAN・WANの試験管理業務。最近は行政の方と情報交換したりするときに筆者に行政の方から「ハッキング=不正アクセス」の方法論の話があります。実はこれは企業秘密なのです❗ハッキング↔どうやるか?
本来はこの授業料は実習兼座学=10万/日↔筆者が専門学校での社会人向講習。今回は神奈川犯罪日記御覧の読者には「シラバス」のみ公開します。
①通信プロトコル概念=TCP/IP
②アルゴリズム概念
③通信ソケット概念
④OS通信API
⑤プログラム選択
オブジェクト志向言語
(PHP JAVA C++)
因みに数年前にウィルスプログラムの改竄事件の犯人がC++を使って犯行を実行しましたが
私はこの言語は嫌いです。設計工程の開発が単独では大変です。確かにメモリ配列bit&bite単位で配列を構造化アルゴリズムを設計すればハ-ドウェアレベル↔OSそのものを操作して通信端末自体をリモ-ト操作可能ですし通信端末のウィルスソフトのポ-ト接続で通信端末自体を遠隔操作できますが、そんな事するならそれで飯の種で仕事をしたほうがいいです。
要は今回は何を意図してこんな話をしたかと言うと「ネットの匿名性利用での完全犯罪」には最低限でもこれくらいは朝飯前の知識と技術が必要ですし「anoimus」=アノミマス↔世界的なハッカー組織を束ねる力量が必要です。
今回の障害者達のこれを考えると組織統制力もなにもかも「幼稚園児レベル」ですが犯行の質だけは並の大人よりも悪辣非道です❗
image

今回から17日~20日まで神奈川県川崎市で発生した「生活保護受給者行方不明事件」について
事件の経緯とこの事件に伴い「強毒性病原菌の感染不明経路」についての特集となります。
神奈川県川崎市は神奈川県最大の工業京浜地帯を誇る横浜市と並ぶ神奈川県の二大都市です。
神奈川県の歴史的に戦後~労働者の街としても
宿街(ドヤ)があります。ドヤつまり宿の反対読み。しかし、不況も相俟って労働者の街も福祉の街に変遷してきています。筆者も昔は、足を踏み入れるには相当な勇気が必要でしたが、すっかり福祉の街となり高齢者・公的社会支援を受ける県民の利用する雰囲気です。治安もすっかり良くなり宿泊施設も昔は日雇い労働者向けの宿場もパックパッカー向けにすっかり建物も改修されて綺麗になり、今や世界中から観光客が低額宿泊施設として利用されるようになってきています。宿泊代も一泊/\2000とリーズブナルです。何故、こんな話をするかと言うと「生活保護受給者の行方不明」が全国で多発しています。これまで福祉事務所は行方不明については本人の意志による蒸発と見なしていました。ところがここ数年筆者はこの行方不明の原因を調べていくうちにある共通項を見いだしました。
①・宗教法人のフロント法人化(NPO法人)
②・左翼セクト系組織のフロント法人
筆者は2015年10月~12月迄川崎市の生活保護受給者利用施設に無職を装い①のフロント法人
が運営する利用施設に潜入調査に入り、驚愕の事実と信じられない強毒性病原菌毒素による感染症に羅病して生死をさ迷う結果が待ち受けていました。
強毒性病原菌毒素・・・・・・Jupiter program

image
こんな風にブログには好き勝手なことを書けるんです。
でも3級精神障害者で生活保護者ですから。
責任なんて持てません。

[PR]
by koreanarmy | 2016-06-11 17:13 | 自己紹介